同窓会助成金について

高知大学看護学同窓会 会合助成金 運用規程

2013.11.23総会承認

<支援対象>
1. 高知大学看護学同窓会、正会員
2. 会合人数は学部10名以上、大学院4名以上とし、全員が同窓生であることとする。

<支援金について>
1.対象者への助成金は一会合50,000円を上限とし、会合の予算額を参考に決定する。

<提出書類>
1.高知大学看護学同窓会(会合助成金)応募用紙(様式1)
2.誓約書(様式2)

<運用>
1. 上記 <支援対象>1.2を満たす同窓生であること
2. 予算額の妥当性が、会合の内容によって判断可能であるものを対象とする。
3. 応募期間は、会合開催予定日の1ヵ月前までに必要書類を提出する。
4. 決定者には、書面を持って通知し、個人の口座に、決定した支援金を振り込む。
5. 助成金の用途については、詳細は求めず、会合終了報告書(出席者および写真など)、写真の同窓会ホームページ掲載をもって終了とする。
6. 年間に支援できる会合数は3会合程度までとする。
7. 会合の中止については、助成金を返金する。



同窓会助成金について

高知大学看護学同窓会 会合助成金における運用についての取り扱い

平成25年 11月23日
高知大学同窓会総会承認


高知大学看護学同窓会 会則(以下会則という)第4条に基づく会合助成事業の取り扱いを以下の通りとする

(目的)
第1.支援規則は、高知大学看護学同窓会会員相互の親睦を図ることを目的とし、その費用の一部を支援する。

(財源の構成)
第2.会合助成金の財源は次の通りとする。
(1)同窓会からの支援金
(2)その他の収入

(管理、運営)
第3.高知大学看護学同窓会の会計担当者が、助成金の管理を行う。
第4.運営については、同窓会役員が行う
第5.運用の詳細は下記の通りである
(1)応募期間は、会合開催予定日の1ヵ月前までとする。
(2)提出書類は①高知大学看護学同窓会会合助成金応募用紙一通とする
(3)決定者には、書面をもって通知し、同封した誓約書の提出を求める
(4)決定した支援対象者の口座に、決定した支援金を振り込む
(5)助成金の用途については、詳細は求めず、会合終了報告書の提出(様式3)、会合写真の同窓会ホームページ掲載を行う。

(支援対象者の決定)
第6.支援対象者の決定は、本人提出による応募用紙をもとに、役員会で決定する。
第7.対象者として認められる条件は下記の通りである。
(1)高知大学看護学同窓会正会員であること
(2)参加人数が学部10名以上・大学院4名以上であり、全員が同窓生であること
(3)提出された応募用紙から、会合予算額が妥当であると認められたもの
(4)過去に、会合助成を受けた経験のない対象者を優先的に選考する

(支援金の金額)
第8.会合への助成金は1つの会合に対し、予算額下限10,000円、上限50,000円までとする。
第9.年間に支援できる会合数は、3つを上限とする
第10.会合助成金の金額設定は、会合参加者の中の、会費納入者数の割合で決める。
助成金額=(参加者の内の会費納入者数)÷参加者数×5万円
1千円未満は切り捨て、振込手数料は、助成金額に含む。

(支援対象者の責務)
第11. 支援対象者に選ばれた場合は誓約書を提出し下記の事項を遵守する
(1)助成金の用途は会合費用のみに使用することとし、その旨誓約書に明記する。
(2)会合の様子を写真に撮り、同窓会ホームページで報告する。
(3)会合終了後は報告書を提出する。(様式3)


【助成金に関する書類はこちらからダウンロードしてください】
>>同窓会会合助成金応募用紙
>>会合助成金誓約書
>>同窓会会合助成金終了報告書用紙

インフォメーション お問い合わせ
高知大学

モバイル
お問い合わせ