会長挨拶

 平成26年11月22日に開催されました総会にて、前任の野村晴香より会長職を引き継ぎました寺下憲一郎と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 高知大学看護学同窓会は、同窓会準備委員会を経て平成19年に発足し、皆様からのご支援を頂きつつ、9年目を迎えることができました。
 高知大学看護学同窓会は会員相互の親睦を図り、福利厚生や学術の発展に尽くすと共に、高知大学の発展と医療に貢献することを目的とし、主に以下の活動をしております。
 在学生対象に行っている活動は、「学生サークル(よさこい祭り・南風祭)への寄付支援」「進路就職活動支援セミナーの開催」「卒業・修了記念品贈呈」です。この中でも特に学生から好評を得ている活動は、「進路就職活動支援セミナー」になります。「進路就職活動支援セミナー」は、学部3年生を対象に、本学を卒業した先輩から就職や進学に関する様々や疑問に答えてもらうもので、座談会形式で実施しております。
 その他、同窓生対象に行っている活動は、「同窓生への研究支援」「学年別同窓会開催の助成」「高知大学看護学会および高知大学看護学会誌への発表・投稿などのご案内」「高知大学ホームカミングデーの共催」「大学からのお知らせの案内」です。
 「同窓生への研究支援」は、「桜基金」を立ち上げ、同窓生の研究に対して研究費を支援したり、高知大学医学部看護学科で開催される講演や研修に共催することで同窓生へ参加のご案内をしております。
 現在、学部卒の同窓生数は800名を超え900名にも達しようかとしています。修了生においても100名を超える方々がご卒業され、様々な場においてご活躍をされています。
 他学部の同窓会に比べると看護学同窓会はまだまだ若く、発展途上にあることは否めませんが、高知大学教員の皆様をはじめ、同窓生、同窓会連合会の先輩方など多くの方からご支援を賜り、ますますの発展をしていきたいと考えております。
 同窓会活動を通して、高知大学の発展に貢献していけるよう、今後とも鋭意、活動を展開して参りますので、高知大学看護学同窓会の手指をご理解いただき、同窓会へのより一層のご参加とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

高知大学看護系同窓会 会長 寺下憲一郎

インフォメーション
高知大学

モバイル
お問い合わせ